弁護士や税理士の依頼で複雑な問題もスムーズ解決~適切な利用方法~

弁護士に依頼しよう

弁護士の個人向けサービスにはどのようなものがあるのか

弁護士というのは、裁判の被告になったり、これから裁判を起こしたいと考えているような時にだけ利用するものだと思い込んでいる人が多いですが、決してそのようなことはありません。確かに審級や訴額などの縛りを受けず、幅広い訴訟活動を展開できる法律の専門家は弁護士だけです。しかし、弁護士の活動分野が訴訟活動だけに限られているわけではありません。最近は、法律問題が裁判沙汰になる前に解決すべく活動する弁護士が多くなってきました。わかりやすい例が、個人向け法律相談サービスの拡充です。たとえば離婚専門サービスや相続専門サービス、交通事故専門サービスなどがありますが、その中でも離婚専門サービスは多くの人に利用されています。

離婚専門サービスの費用について

弁護士の離婚専門サービスを利用したいと考えても、経済的な不安から、なかなか法律事務所を訪れることができずにいる人がたくさんいます。特に、仕事に就いていない専業主婦の場合ですと、自分が自由に使えるお金をほとんど持っていないケースが多いので、いくら位の料金がかかるのかという問題がはっきりしない限り、弁護士を利用することができません。しかし、そのような立場にある人こそ、離婚専門サービスによるサポートを切実に必要としていると考えることができます。離婚専門サービスを提供している弁護士の中には、初回の相談を無料としている弁護士がいますので、まずはそれを利用してみるとよいでしょう。弁護士費用を持っていない人を支援するための公的制度も用意されていますので、勇気を出して相談してみることをおすすめします。