弁護士や税理士の依頼で複雑な問題もスムーズ解決~適切な利用方法~

遺産について

遺産相続の基本的なこと

人が死亡すれば財産の相続という問題がおきます。そうすると誰が相続するのかが大事になります、相続した場合には税金がかかってきます、それを考えて出来れば死亡前にその用意をしておくことが必要になります。相続税にはどのようなものに対してかかるのかを理解していない方が多くおられます。 相続税は死んだ方の財産の全てについて税金の対象になります。しかし相続人はそれら全ての財産を把握していない為わからない事があります。不動産などはわかりやすいのですが、全ての財産を調べる必要があり、それをもとにして相続が何人いるかによって税金がかかってきます。申告は10ヶ月以内にしなければならない事になっています。これを過ぎると延滞税というものがかかる事になり、14.6パーセントの延滞税がかかる事になります。

遺産を円満に分ける工夫

遺産を譲り受けて10ヶ月以内に申告をして、税金を払う場合にお金が無い場合には分割してお金を払う事が出来る制度があります。これは延納といって先延ばしに出来る事です、これには利息がかかりますが利息の利率はそれほど大きなものではありません。問題になるのは、延滞税でこれは利率が大きいので10ヶ月以内に申告をする事が大事です。しかし財産の中にはわからないものもあり、それが後で見つかれば修正申告で補うことが出来ます。 財産が多い人でも少ない人でも相続をする時には問題が生じる事が多くあります。2015年の1月から相続税が増税になり基礎控除が5000万であったのが3000万になります、しかし少ない財産でも分ける割合が決まっているにも関わらず財産の取り分でもめる問題も少なくありません。・そこで遺言書を作っておく事でスムーズな遺産分割が可能になります、これらの工夫を少しする事で後々もめる事もなく円満に解決が可能になります。